top of page

【第7回】配偶者の同意がないと中絶できない日本〜なにが問題か

※終了しました。こちらでアーカイブ視聴できます。


開催日:2021年4月28日(水)  時 間: 20:00~21:30 出 演: 梶谷風音:通訳・翻訳者。#なんでないのプロジェクトでも活動中。 岩本美砂子:大学教員。専門は政治学。監訳にノーグレン『中絶と避妊の政治学』。 齋藤有紀子:大学教員。専門は法哲学・生命倫理学。編著に『母体保護法とわたしたち』。 (いずれも本プロジェクトメンバー。)

内 容: 日本は女性が中絶する際、原則として、相手の男性の許可を必要とする数少ない国です。 日本にはなぜそのような規定があるのか。 どんな問題が起きているのか。 女性は自分で決めてはいけない? 海外の状況は? 女性の自己決定権を奪い、望まない妊娠継続や出産に追い込む「配偶者の同意」規定。 未婚女性や、DV被害女性たちにも苦難を強いている現状があります。 最近の厚労省の通達も踏まえ、女性たちが直面している困難に迫ります。 ※取材する場合は、当プロジェクトに連絡し、必ず許諾を得てください。こちらもあわせてお読みください(報道関係の皆様へ)。 ※ネットメディア、ブログ等での記事化、二次利用の場合は、当プロジェクトに連絡し、必ず許諾を得てください。

連絡先:国際セーフ・アボーション・デーJapanプロジェクト e-mail:safeabortion2020@gmail.com

【資料】当日使用した資料です。

「母体保護法と配偶者の同意」齋藤有紀子
.pdf
Download PDF • 5.49MB
「母体保護法 配偶者同意について」梶谷風音
.pdf
Download PDF • 1.93MB
「配偶者の同意について」岩本美砂子
.pdf
Download PDF • 460KB

★「配偶者同意規定廃止」の署名もスタート! 出演者の梶谷風音さんが発起人となり、Change.orgで署名が始まっています。 署名へのご協力もよろしくお願いいたします。 署名はこちらから⇒ https://chng.it/m5jq6gHg

bottom of page