top of page

【第30回】韓国と日本のアクティヴィストによるオンラインミーティングー 中絶薬とリプロダクティブ・ヘルス&ライツ関連の諸問題 -


■日時:2023年6月28日(水) 20:00-22:00(拡大2時間開催) ※終了しました。ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

アーカイブ視聴は下記のリンクからご視聴ください。


■共催:Network for Safe Abortion Rights Assurance in South Korea


■話し手  Na Young (SHARE, the center for Sexual rights And Reproductive Justice

/ The Network for Safe Abortion Rights Assurance in South Korea) Lee Dong-geun (The Korean Pharmacists for Democratic Society / The Network for SafeAbortion Rights Assurance in South Korea)


岩本美砂子(ASAJ / 女性政策研究者)


塚原久美(ASAJ / RHRリテラシー研究所)


■通訳

長谷川さおり(仁荷大学) Hong Hyunsoo(明治学院大学社会学部附属研究所 / 東京大学医科学研究所)


聞き手 片山亜紀(ASAJ)

内容

韓国では、2021年には中絶が脱犯罪化されたにもかかわらず、政府も医学会も、

リプロダクティブ・ライツを保障する政策を積極的に打ち出そうとはしません。

しかも昨年12月には、韓国の食品医薬品安全処が承認プロセスを遅らせたため

に、製薬会社が中絶薬の承認申請を取り下げました。このため韓国のアクティヴ

ィストは、韓国政府に中絶薬を承認させるべく、切実に声を高めているという状

況があります。


一方、日本では今年4月に中絶薬(メフィーゴパック)が厚生労働省によって承

認されましたが、同省より公開されている文書には入院ないし院内待機が「当

分の間」は必須とされる旨が明記され、さらに高額な自費負担や配偶者同意も

求められる見通しが高く、日本のアクティヴィストはこれでは必要な人に届か

ないと危機感を深めています。


そこで今回のオンライントークでは、韓国と日本のアクティヴィストがそれぞれ

の国での基本的な情報をシェアしつつ、どうすれば状況を打開していくことがで

きるかを探ります。

[形式]Zoomウエビナーによるオンラインイベント

[参加費]無料(視聴カンパできます)

[申し込み方法]https://asajevent30.peatix.com

[言語]日本語・韓国語の逐次通訳がつきます。


※内容は予定であり、変更になる可能性があります。

※後日、録画動画をYouTubeにて公開予定です。配信します。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


■諸注意

※今回はZoomウェビナーを使用したオンラインイベントとなります。

Zoomを初めてご利用になる方は、使用する機器にZoomのアプリを

ダウンロードしておいてください。


※取材および、ネットメディア、ブログ等での記事化、二次利用の場合は、

当会に連絡し、必ず許諾を得てください。こちらもご覧ください(https://www.asaj2020.org/media)。


【取材のお問合せ/連絡先】 #もっと安全な中絶をアクション(ASAJ) 担当:齋藤 e-mail:asaj.press@gmail.com

Comments


bottom of page